画像を使う際の注意点

著作権などの権利を侵害していないかどうか

紙袋に画像を印刷するという人は多いのですが、ここで注意しておかなければいけないのが画像によっては著作権に違反してしまう可能性がある点です。
例えば自分たちが個人で所有するものであれば問題はありませんが、販売するものや配布するものであれば著作権が問題になる場合も少なくありません。特に自分たちが作成したり撮影したオリジナルのものでない画像を使用する場合には注意が必要であり、事前に許可を得ていないものを勝手に紙袋に印刷してしまうとトラブルになることも考えられます。

このため画像を使用する場合は著作権の問題が発生しないかどうか、印刷した紙袋の取り扱いも含めて検討することが大切です。また著作権の問題が発生する可能性があるものは事前に許可を取るか、別のものに差し替えることも検討した方がいいとされています。

画像のサイズや紙袋の素材に注意

また画像を紙袋に印刷するのであれば、画像のサイズと紙袋のサイズが合っているのかどうかも確認しておく必要があります。特に画像のサイズが極端に大きかったり小さいものは紙袋のサイズに画像が収まらなかったり、収まったとしても線がつぶれてしまって何が描いてあるのかわからなくなる可能性も出てきます。
ほかにも紙袋の素材によっては印刷した画像が荒くなってしまったり見えにくくなるなどの問題も出てくるので、画像と素材の相性もチェックしておくことがおすすめです。さらに画像と素材の相性が悪いと画像が違うものに見えてしまうこともあるので、注意が必要だと言われています。

ちなみに画像の内容によっては紙袋のサイズや素材に合わないものもあるので、その点を考慮した上で画像を選ぶことも大切です。

オリジナル紙袋はリーズナブルな価格で作成でき、再生紙を使ったものなどエコにも配慮されています。使い勝手が良いので、もらった人に喜ばれるノベルティグッズです。