画像を使ったデザインのメリット

インパクトが違います。

企業の宣伝アイテムとしてはホームページを利用することが一般的ですが、最近は紙袋を宣伝広告のアイテムとして使用する企業が増えています。紙袋に自社のロゴマークや自社製品を印刷し、会社説明会などのイベントにおいて資料を紙袋に入れて配布することで宣伝効果を狙うというものです。紙袋を持って街の中を歩く際には多くの人の目にとまりますので、その効果を評価する人も少なくありません。こうしたことから紙袋のデザインに力を入れる企業も多くいます。 紙袋をデザインするにあたってのポイントは画像を積極的に使用することです。画像は視覚的に訴えやすい要素があり、文字情報に比べてインパクトが異なります。デザイン性に富んだ画像を紙袋に施せば、多くの人の目にとまりやすく、その分、宣伝効果が上がります。

差別化が図られます。

また画像を使うもう一つのポイントは他社との差別化が図られやすいという点です。文字情報だけではどうしてもデザイン性に限界があり、他社との差別化は図りにくく、効果も限定的となってしまいます。その点、画像であればデザイン性は無限に広がりますので、可能性が高まります。他社との差別化を図れば、自社に対して関心を惹きつけることができますので、宣伝効果も抜群です。

このように紙袋に画像を施すという手段はデザイン性を高めるためにも、重要と言えます。最近は専門会社に依頼して上質なデザインを施す企業も出てきています。こうした状況から今ではホームページだけでなく、紙袋による宣伝が新たな企業の宣伝戦略として確立されつつあります。

オリジナル手提げ袋には、企業の名前やロゴを印刷することができます。持ち歩いているだけで看板の役割も果たします。